« おいらに元気を分けてくれ | トップページ | アルファ・ロメオ・スプリント・ザガート »

Blues,Rock and Pops.

ブルースロックとポップスの融合。
ホネのある演奏と澄んで透明感のある女性Vo。

ルイ・ホフステン。

スウェーデンのシンガー。日本では無名。
Amazonで買ったけど届くのに1ヶ月以上かかるってさ。
最高。理想的。初期Luvspreamで俺が目指したもの。
「この感じ」が伝わらずに孤軍奮闘していた俺の気持ちは
その場にいたtoshie嬢は今なら、解ってくれると思う。
こういうギターが自身のスタイルとしては理想的。
(あくまでも俺が弾く場合っていう意味で)
俺はキース・リチャーズかジミ・ヘンドリックスになりたかったの。
なれなかったけど。

この国のポップスは「泣く」か「笑う」かしかなくて
こういう「泣き笑い」感が無くてつまらない。
椎名林檎が「無罪モラトリアム」デビューした時はこの斜に構えた「泣き笑い」感が
満ちていてすぐにコピーバンド組んだもん。
これは口癖のように言ってることだけども
「♪ひとりじゃないよ~♪」的弾き語りは演るほうも聴くほうも
知能が低すぎてうらやましいとすら思う。
そんなオメデタイやつなんざいねぇよ。
そんな風に金魚かメダカ並みに生きれたら素晴らしいと思う。

ポップスとなるとどうも流行りに合わせて白黒つけたがる人が多いけども
こういう「グレーゾーン」を表現するほうが難しいし長く聴ける曲になると思う。
そう、Mickey Mouse Cultの「Tasty」の泣き笑いの世界観。sad but funny.
これからも、いつか日本語で具現化するチャンスを狙っていきたい。

↓試聴できます。サインイン画面のポップアップ出ますが無視して
是非全部聴いて!!俺のベスト曲「Let the best man win」。
聴く時はCメロ、アウトロ等々のアレンジもよく聴くこと!!!

http://www.jango.com/music/Louise+Hoffsten?l=0

捨て曲無しのアルバムはもっと燃える。
チェケラ。

|

« おいらに元気を分けてくれ | トップページ | アルファ・ロメオ・スプリント・ザガート »

音楽」カテゴリの記事

コメント

わっかるー♪
今Atsukingが近くにいたら、間違いなくそーいうバンドやるね。でも、バンドでやるならドラム叩いてほしい。
君のドラムで演れる人は幸せもんだぜ。
あたしは、心底そう思う!
無論、あたしもしあわせもんだ!

投稿: toshie | 2008年11月 4日 (火) 13時02分

ちなみに、ルイホフステンのAtsukingが貸してくれたアルバムはもうレコード的に言うと擦り切れてるくらい聴いたぜ!新作がほしい・・wwwかおっかなーあたしもそのアルバム。ディスクユニオンいってみつかるといいな。

投稿: toshie | 2008年11月 4日 (火) 13時03分

もうオフィシャルHPの写真は目の周りのシワも隠さないほどのベテラン(笑)

それでも俺は恋しちゃうのさー♪

投稿: Atsuki | 2008年11月 4日 (火) 13時51分

なんか昨日のコメントで『君のギター』を超強調してるような書き方してんなぁあたし。
ごめん、そうじゃなくて、君と音楽やれることがしあわせというつもりだったんだ。
君のギターはめっちゃ歌うから、ギターと一緒にユニットやっているというよりも、普通にツインボーカルでやってるような感覚なのだよ。
ルイホフステンは、いいと思う!英語のアルバムもっと出せって伝えてくださいヽ(゚Д゚)ノ

投稿: toshie | 2008年11月 5日 (水) 02時35分

>toshie
「君のギター」じゃなくて「君のドラム」だろ(笑)
まー個人的には曲がうまくできればどっちでもいいと思ってるよ。

いいと思うプレイヤーがいたらセッションするから
紹介でもしてみてくれぃ。常に刺激は必要だ。

投稿: Atsuki | 2008年11月 5日 (水) 11時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« おいらに元気を分けてくれ | トップページ | アルファ・ロメオ・スプリント・ザガート »