« ビジネスホテル論 | トップページ | 新バンド結成 »

苦しみの量

一生で直面する苦しみの量は全人類共通である。


飢えにあえぐ人も、社長も。同じ量。

家庭がある人も、無い人も。同じ量。

常に人に囲まれているひとも、一人ぼっちの人も。同じ量。

男前も、ブサイクも。同じ量。

いい人も、悪い人も。同じ量。

うまい人も、へたな人も。同じ量。

才能がある人も、ない人も、同じ量。

金がある人も、ない人も、同じ量。

生きている人も、死んでしまった人も。同じ量。

健常者も、障害者も。同じ量。


だからダメダメだって、うらやましくったって、頑張れる。

大失敗したって、大成功したって、ノリノリだって、どん底だって、

裏切られたって、責められたって、大丈夫。

苦しみというのは相対的なものでなく絶対的なもの。

幸せというのは絶対的なものでなく相対的なもの。

割り当てが、決まってんだぁよ。ホモサピエンスの脳内で。

それが誰にでも均等に湧いてくる。


間違いない。

要は気の持ちようってことさ。ま愚痴ならナンボでも聞いてやるぜ。

俺は愚痴は決して言わない。明日も明後日も頑張ろうぜ。

|

« ビジネスホテル論 | トップページ | 新バンド結成 »

俺哲学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ビジネスホテル論 | トップページ | 新バンド結成 »