« 英語ギャグ | トップページ | 幻の露天風呂 »

シェ~ン!カムバァ~ック!!

今日バンダルの練習が終わって外に出てみたら
うっすらと雪が積もっていて道が凍りかけていたので
代車のゴルフⅣでサイドブレーキターンしてみた。

予想通りよく効くサイドブレーキでクリンと回った。
ガツンと急ブレーキも踏んでみたけど
ハイ。ABS瞬時に作動しましたわ。
剛性も一ミリたりとも揺るぐ様子もなく。

・・つまんねぇ!!

どこまで優等生なんだ!いー加減にしろこの野郎!って。
ロードインフォメーションはいい感じに中和して
ステアリングじゃなくてペダルから伝えてくる。
電子制御部品からのインフォメーションは明確(人類工学?)だけど
金属的かつ直接的なインフォメーションは全然ない。
どうやってるかわかんないけどなにか電気信号に変換して送ってくる感じ。
剛性が高すぎてステアリングからの情報も少ない。
150km/hくらい出すと「もう無理っスー!!」などとは決して伝えてこずに
「ホッホッホ。お若い人は・・・このくらいでもうやめておきなさい」と言ってくる。
粗暴さも芳醇さも全部捨てて緻密に作り上げられたザ・ドイツ車。
カー・オブ・ザ・カー。パーフェクト。
学生時代から「将来のことを考えて」いて今は公務員で朝6時に起きて朝食作って
朝日新聞読,みながらインスタントコーヒー飲んでフィットかヴィッツで出勤して
酒もタバコも賭け事もやらずにコツコツ貯金して机の上キレイで
休日はポロシャツ着て習い事に行く34歳かオメーは!

=つまんねぇ!!

俺は機械に「温もり」と「人間性」を求める。
それが機械としての本質だと思っている。
便利さと経済性というのは何でも本質から離れていく。
えっひょっとしてこっちが本質?・・かもな。じゃぁ本質なんて要らん。

でもやっぱりこの車はいい。文句なくいい。
みんなのワガママをみんな実現していながら下衆には成り下がってない。
だからこそ評価はするけどどーも好きになれない。
命の危険も命の素晴らしさも感じないんだよ。乗ってて。

・・・とか言うのはいつものことなんだけども。
いつ治ってくるんだ・・俺のGTV・・。(汗)
帰ってきたら洗車して掃除機かけてMOTULのオイルと添加剤あげるからさぁ。ね?

|

« 英語ギャグ | トップページ | 幻の露天風呂 »

車とドライブの奮闘記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 英語ギャグ | トップページ | 幻の露天風呂 »