« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月

東京物語

今「ターミネーター2で精神病院に入院中のサラ・コナーが
来てた服にクリソツなホテルの部屋着」を着て
「ふーん割と似合ってるじゃん」と思いつつ
(注:このまま外に出たら200m行かずに職質確実の最先端ファッション)
一階にビールを買いに下りて
帰りのエレベーターを待ってたら横に50くらいの女性が。
帽子かぶってバッグ持って、ちょっとお洒落なオバさんといった風貌で。
なんか視線を感じたんで見たら「あっ・・・」とか言っており目が合った。

「4万円落としてきちゃった・・」
「えっ?」
「5万円下ろして新幹線乗ってきたんだけど、
今見たらね・・・ないの。どこにも。」
「えー?どっか心当たりは?電話したほうがいいよぉ」
「いや、無いわ。現金は・・・無い。」
「何階ですか?」
「あぁ・・・6階。」
「お、俺も6階。。。。いやー電話したほうがいいよ。気も晴れるし。
千人に一人くらい、いい人が拾ってくれたかもしれないし。
宝くじ買って番号見るような感じでさ」
「いやー、・・・病気だから。あたし病院行くのにここ泊まってるのよ。東大病院」

チーン。
「ありがとねー。」
「イエイエ。電話しなねー。」
ガチャン。

いやーなんかもっと話聞いてあげたかったなぁ。
なんか小説始まりそうなやり取りだったし(笑)。
ビール握った「精神病院ファッション」の青年と病気のオバさんの物語。
でもこのお話はこの序章で終わっちまうのさ。時間ないから。
東京って感じだねぇ。アハハ。COOL!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ついてない日の応援歌」

「ついてない日の応援歌」

前の仕事は新潟市の古町を一日駆けずり回る日々で。
これ、いつも聞いてたFMポートで当時へヴィローテーションだった
ダニエル・パウターの「bad day」のキャッチコピー。
いいコピーだから結構印象に残ってるんだよねぇ。CDも買ったし。
FMポートは遠藤麻理さん→hiroeさん→立石さん→仁さんと
断続ながら一日中フルでお世話になってたんだが、
最近は中越から県外に一気に抜けることが多くて電波乱れるし
同乗の上司がBSNラジオとニッポン放送のファンなんだよね(笑)
でも通勤の時、単独行動の時はいっつもFMポート。

・・・今日はついてない日だったなぁ。
朝からコーヒーを襟にこぼしてさらにスーツのボタンが取れた。
そして朝イチ20万、昼に20万と予測外の損失が出た。
ローファーなので靴紐や下駄の鼻緒は切れなかったが(笑)
こういう時の粘りが営業の真価ってことなのよね。
こういう時の行動の違いの蓄積が簡単に数千万の違いになるんだぁね。
今日はこの「ストレス反動力」だけで動いてたなぁ。

全体的に、ホントに厄日って感じだったなぁ。

Luvspreamで次に詩を書くならば、
俺も「ついてない日の応援歌」にしようっと。
自分と、みんなに向けて。
俺の解釈だとこういうことこそ根源的な「LOVE」の表現であって。
色恋沙汰ばかりを詩に書くつもりはないんだ。
そういう時の凹んだままにならない精神力というのはなにか・・・、
何て言ったらいいんだろう。
自分にとって常に気をつけておかなくてはいけないものというか、
生来の弱点であって意図的にコントロールすべきものって気がしてるんだよね。

で、どうしたって?
プロレスラー並のテンションで自らを鼓舞しつつ
長岡→十日町→津南→六日町→塩沢と
山道と高速をアハハkm/hでカッ飛ばして普段の倍の客先を回り、
損失を補うだけのメドはガッチリ立てたぞゴルァ!
襟のコーヒー?コンビニの便所で水でトントンして消したぜ。
ボタン?運転しながら縫ったぜ!!(裁縫セットは常備している)
(注:これは僕が鍛錬の結果編み出した一種の「特技」「特殊技能」です。
マジで絶対事故りますので決して真似しないように。)

燃えてきたー!明日もこの勢いでブチカマすぞ!!
祝日邪魔じゃぁぁぁ!!春分なんて祝うよーなこっちゃねぇぇぇ!!!
働かせろぉぉぉぉ邪魔するな日本政府ぅぅぅぅ!!!

・・・作詞には冷却期間を置いたのち取り組んだほうがよさそうだな・・・。

| | コメント (0)

BABY,LIGHT MY FIRE.

Zippo

100円ライターとかおまけのライターばっかり使ってたけども。
この度・・何年ぶりだろうか。ZIPPOに変えました。

ZIPPOて手間掛かるから不便なんだけど。
これはこれで。重要なことなんだよ。
この心境の変化がとても大事なことなの。

胸ポケットに入れといて撃たれて失神した後に、
起き上がって弾が刺さってひしゃげたZIPPOを取り出して
「・・・神はいた」っていうのさ(笑)

喫煙者としての死亡率と、
ZIPPOを胸ポケットに入れとくことによる
胸部に対する銃撃に遭遇した場合の生存率の上昇と、
まぁ、トントンと言ったところか(笑)

うそうそ。精神的な問題だよ。
でも。これはこれでとても大事なことなのだ。

|

タダ乗り&タダ弾き

そういやこないだの休日は結構充実してたな。

買う気もないくせにディーラーにふらりと寄って試乗。
買う気が無いと言えばそうでもないんだが
目下のところGTVがお気に入りなので。

Alfa1472

147のセレスピード(セミオートマ)’09に試乗してみました。
車を選ぶ基準が他の人とだいーぶ違うので、
今後メインになっていきそうなセレスピードに興味しんしんで。

やっぱりGTV(新車当時)に比べると100万安いだけあってそれなりの質感。
あああっ!!でも・・・こ・・・この車ッ!!付いているッ!!
オオこれぞイタリアン・テクノロジーの進化の証!!それは・・・
ドリンクホルダぁぁぁーっ(笑)!!

結論から言っちゃうと147のセレはナシ。
だってカクーンってすげぇ変速ショックなんだもの。俺はやっぱりMTがいいな。
さすがにツインスパークエンジンは小気味良かったけど
ATのミッションはドイツ車や日本車にはまだまだ敵わないみたいだなぁ。
それにやっぱりスイートかつ荒々しいV6と比べると無理がある。
かといって3,2リッターも必要ない。2リッターのV6もう造ってないし。。。
ブレラも見たけど天井ガラス張りの「スカイウィンドウ」には燃えた。
中古がコナれるまで10年待つか・・・(笑)

20071225as100c

そしてあぽろんに行きまして中古のARIAサイレントギターを発見!
YAMAHAのやつを弾いたことがあって大変欲しいのだが
新品で6万も出すのもなぁ・・ということでこっちを試してみた。

ペグが妙な位置にあるのは宇宙戦艦的で良いんだが、
ブリッジに手のひらを置く癖がついているロック野郎が弾くと
ガンガンチューニング狂います。
アル・ディ・メオラ専用マシンかー!?
そして直そうとして癖でネックの先の中空を空振り(笑)
音も。。。YAMAHAに比べると一歩劣るかなぁという印象。

メシ代とガソリン代だけで休日を楽しみ切ったぜ!!
それにしてもやはりいいものは高い・・・(哀)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

”いんべんしょん”

さっき思いついたんだけど、
アコースティックギター弾きにとっていつも悩みのタネになるのがマイク。
今はライブでもマイクスタンドを立てて演奏しているけど
これの難点は「動けない」ということ。
マイクとサウンドホールの距離とか、角度とかを常に気にしなくちゃいけない。

ピックアップを装備することも考えたけど
僕は元来からのギタリストではないので音作りは苦手。
ピックアップを装備すると別でプリアンプやエフェクターで補って
あげなくちゃいけなくなる。
ピエゾ、マグネティック、内蔵マイク等々色々あれど
取り付けが大変シビアで音作りも大変!!
下手にイジって「空気感」がなくなってしまうと
ギターと歌しかないLuvspreamだとイタい。
やっぱりマイクを立ててSM57あたりで拾うのが一番!
という結論に達しております。
そのほうがPAも音出しやすいと思うんだ。

。。。で今日思いついたんだけども、

Stand

↑こういうマイクホルダーを改造してギター本体に固定できないものか?
オオ、俺のDIY魂がギンギン言ってるぜ!
アドレナリンがゴポゴ言うぜ!(from少年画報社「キリン」のその筋では有名なセリフ)
ギターにはさんでしまえば(傷をつけないように工夫をこらして)
ちょっと体を揺らすくらいは可能になるぞ?
いや、ガッチリ固定できればアコギでダックウォークや
ギター投げ&キャッチ、歯で弾いたり頭の後ろで弾いたり・・・
・・いや冗談です。そこまでしないけど(笑)

やべぇ。発明してしまった!!
とりあえず来週あたりから製作に取り掛かりますので、
完成して俺がキクタニ楽器あたりに持ち込んで
紅潮した顔で唾飛ばして熱く商品化を語る前に
すでに類似品があったら教えてください(笑)

| | コメント (0)

How lucky you are。

ささやかな家に
ささやかな車
お前の人生は完璧じゃないか
お前はなんてラッキーなんだ

お前は恐怖におののいて生きてるわけじゃない
苦痛にさいなまれて生きてもいない
餓えてもいないし雨露に濡れて眠ることも無い

俺にとっても、おまえにとっても
決して人ごとじゃないんだぜ

簡単なことさ とても簡単なことだろう
お前はどれだけお前が幸運かわかってない
簡単なことさ とても簡単なことだろう
お前はどれだけお前が幸運かわかってない

etcetc...

惜しまれつつ解散した大英帝国のロックバンド、SKINの"How Lucky You Are"。
俺のアンセムの一つ。
俺は素敵な努力家の友人たちに恵まれて、実り多き生活を送っている。
彼らのためなら自分のためにも努力する甲斐がある。
確かにあり得ないくらいラッキーだぜ。

自己憐憫が心地いいのは良く知っている。
だが人にだけ原因を求めることは自分にも人にも許さん。
人のせいなら関係を絶つかボコボコにぶちのめせばいい話だろう?
お前が「人のせい」で「不幸」だと言い張るのは
お前が不幸でありたいと暗に願っているからさ。
「不幸」であれば努力しなくて済むわけだからな。
体育座りして壁紙を見つめたり
「私をこんな目に会わせている敵が明日床に脳みそブチまけて死にますように」
って神に祈ったりしてるのか?
それは「努力」ではないよなぁ。自分でも解っているはずだ。
「悪」と「敵」がいればとりあえず目先の時間は埋められるが
自分の目指すべき道は定まるはずもない。
迷ったからって他者に責任と救済を求め続けるのは全くもってコメディだぜ。

お前のもとに「救世主」は決してやってこないだろう。
やってくるのは宗教法人の勧誘だけだぜ。
俺は付き合わないぜ。

Hasta la vista,baby.Get the hell out of my way!!

|

「いつかは辿り着くだろう?向かっているわけだからな」

そうだな……わたしは『結果』だけを求めてはいない。
『結果』だけを求めていると、人は近道をしたがるものだ・・・
近道したとき真実を見失うかもしれない。やる気もしだいに失せていく。
大切なのは『真実に向かおうとする意志』だと思っている。
向かおうとする意志さえあれば
たとえ今回は犯人が逃げたとしてもいつかはたどり着くだろう?
向かっているわけだからな・・・・違うかい?」

ジョジョ第5部の名言。

いーよなぁ。この台詞。ぐっとくるねぇ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »