« ナイスバディ | トップページ | 「しんぼる」 »

タイヤ交換:FEDERAL SS595(215/45/R17)

車買った時についてたYOKOHAMAの「DNA db(デシベル)」が限界で、
タイヤを変えました!
dbは静かで良いタイヤだったけど、215/45/R17の扁平タイヤで
減ってくるとワンダリング(凹凸でハンドルが取られる現象)が凄まじく
スリップサインまであと数ミリに迫った最近はもはや車が勝手に
歩行者や自転車の人びとを轢き殺そうとする感じで(アブネェ)、
コーナーでもズルズルキィキィと頼りなかったのであんま好きじゃなかった。

当初はGOODYEARのフラッグシップタイヤ、「EAGLE F1 GS-D3」
しようと決めてたんですが基本的に近隣の店に置いてなく
通販で買って持ち込みで交換して・・となるのでめんどくさい。
アメリカ製だと1本25,000円で10万越えの高級タイヤだけど
タイ製造モノだと1本10,000円位だから工賃入れて
大体5万5千円~6万弱くらいかな?
ちなみに速度記号Yなので平たく言うと300km/hまで耐えられます。

・・・とか思いつつUPGARAGEにふらっと行ってみたら
ん?・・・安ッ!!!トレッドパターンもEAGLE F1に似てるし・・
FEDERAL SS595(台湾製)、4本新品工賃・バランス・廃棄料込み
38,300円でゲット!!・・って軽自動車かよ!
ドリフトが流行りだしてからよく見るな、フェデラル。
フェデラルタイヤ最高級のタイヤらしい。そもそも基準がよくわからんが(笑)
速度記号はVなので240km/hまでしか耐えられません。これはさすがに値段相応か。
そんな速度はたまにしか出さない(たまにでも出すなよ!!笑)ので問題なし。

バイクの時に「クンダ」という台湾製のタイヤを
使ってグリップも磨耗性も感触が良かった、ってこともあり
アジアンタイヤにそんなに偏見はないのよね。
今アメリカが中国製タイヤの輸入制限を建議してるけども、
油断してるとヤバイよ、って技術力のあるアジアンタイヤメーカーはいくつもある。

新品だとトレッドが深くてやけにゴッツイ印象になりました。
前のタイヤが「デシベル」と名前がついてるくらいの代物だったので
ロードノイズは明らかにうるさくなったけど・・
まぁ窓閉めて走っていれば密閉性はもともと高い車なのでさほど気にならない。
まだトレッドが深いせいかゴツゴツする感触。じき消えるかコレは。
切り始めの応答は結構ダルで、直進安定性は良い模様。
気になるワンダリング(路面の凹凸でハンドルが取られる現象)
とコーナリングでのグリップは、「いつもの道で」追々試してみたいと思いまーす。
まだ皮も剥けてないしね。

タイヤの値段って、意外と性能だけじゃなく
その国での知名度や印象(偏見)の影響も大きいと思うんだけど。
人件費や為替の影響がほとんどって感じするけどなぁ。

どーなんでしょ?

|

« ナイスバディ | トップページ | 「しんぼる」 »

車とドライブの奮闘記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1123458/31358615

この記事へのトラックバック一覧です: タイヤ交換:FEDERAL SS595(215/45/R17):

« ナイスバディ | トップページ | 「しんぼる」 »