« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月

ぶちきれたっていいじゃない。にんげんだもの。

スマートフォンを壁に叩き付けた俺であったが、
怒り収まらずドコモにクレームを入れてました(笑)
本来よく聞かなかった俺が悪い気もすんだけどつい。
にんげんだもの

お客様

お問い合わせいただき、誠にありがとうございます。

ドコモ・スマートフォン・ケアの○○と申します。 
お問合わせいただきました件について、以下にご案内申し上げます。

このたびは、ご説明不足によりご不便をおかけしたことを
深くお詫び申し上げます。

恐れ入りますが、iモード.netモバイルアプリはスマートフォンでも
iモードのメールアドレスを利用したいというお客様の声にお応えし、
2台目かつ2回線目として、ご利用中またはご検討中のお客様を
ターゲットにしたサービスとなっております。

また、iモード.netモバイルアプリの利用にはご利用開始設定を
iモード対応端末でおこなう必要があるため、ご利用には必ず
スマートフォンでご利用回線契約とは別に回線契約と
iモード対応端末が必要となります。

なお、スマートフォン単体でのiモードのメールアドレスの利用につきましては
お客様から多くの声をいただいており、今後iモードのメールアドレスを
ご利用できるよう検討を進めております。

詳細が決定次第、ドコモのウェブサイト等でご案内させていただきますので、
恐れ入りますがしばらくお待ちいただきますよう、お願い申し上げます。

今回、お客様からいただきました貴重なご意見を基に、
弊社のサービス向上に努めていきたいと存じます。

また、ご不明な点などございました際にはお気軽にお問合わせください。
今後とも何とぞよろしくお願いいたします。

だそーだ。FOMAカードの抜き差しはドコモにすると
想定外の特殊技能らしい。
対クレームの返事が早かったのは評価できる。多少スッキリしたな。
ま俺んとこには明日には9,800円で買った
新品のP902iSの白ロムが届くがな。

| | コメント (0)

スマートフォンで大失敗

基本的には買い物上手なほうだと思ってるんですが(笑)

スマートフォンSC-01Bにはやられました・・・。
こんな使えないモン見たこと無いぜ!!

iモードが使えないからiメールをネットで見れるようにして、
さらにモバイルアプリで送受信できるようにする予定だったんだが
(だって販売店の人がそうすりゃできるって言ってたんだもん)、
いざ使用開始の登録をしようとしたら電話番号がハジかれる。

えっなんで?・・・とサポートセンターに問い合わせると・・
「モバイルアプリのご利用にはFOMAカードが2枚必要です。
お客様の場合はネットにアクセスしていただくことになります」

はぁ!?じゃ機種変更じゃiメール見るのにこっちからちょくちょく
アクセスしないといけないの?
定期的に自動でチェックできるアプリがあるっていうから契約したのに・・・
iメールの問題が解決できればPCへのメールなんかも
集約して1台にできそうだったのに。
俺のスマート計画はドコモの意味不明の制約(しかも説明されてねぇよ)のせいで
おシャカ様ってことですかい。

・・ガンッ!!(スマートフォンが壁に激突する音)

頭きた。中途半端な商品をだしやがったな。
機種変更は冷遇いたしますのでご了承くださいとちゃんと言えよ。
2年後にぜってぇドコモやめたらぁー!!(怒)
(本体が安い分2年間は解約・機種変更すると違約金2万取られます)

|

Showing 松蔭

「私は三十歳で生を終わろうとしている。

未だ一つも事を成し遂げることなく、このままで死ぬというのは、
これまでの働きによって育てた穀物が花を咲かせず、
実をつけなかったことに似ているから、惜しむべきことなのかもしれない。

だが、私自身について考えれば、やはり花咲き実りを迎えたときなのであろう。
なぜなら、人の寿命には定まりがない。
農事が四季を巡って営まれるようなものではないのだ。

人間にもそれに相応しい春夏秋冬があると言えるだろう。
十歳にして死ぬものには、その十歳の中に自ずから四季がある。
二十歳には自ずから二十歳の四季が、三十歳には自ずから三十歳の四季が、
五十、百歳にも自ずから四季がある。

十歳をもって短いというのは、夏蝉を長生の霊木にしようと願うことだ。
百歳をもって長いというのは、霊椿を蝉にしようとするような事で、
いずれも天寿に達することにはならない。

私は三十歳、四季はすでに備わっており、
花を咲かせ、実をつけているはずである。
それが単なる籾殻なのか、成熟した栗の実なのかは私の知るところではない。

もし同志の諸君の中に、私のささやかな真心を憐れみ、
それを受け継いでやろうという人がいるなら、それはまかれた種子が絶えずに、
穀物が年々実っていくのと同じで、収穫のあった年に恥じないことになるであろう。

同志諸君よ、このことをよく考えて欲しい。」

今日NHKでやってた吉田松陰の辞世の句みたいなもんらしいが、
齢30歳の俺にはなかなか考えさせられたね。

納得できんな。もっと悔しがらんかい。見苦しく泣き言と恨み節を叫ばんかい。
10だろうが30だろうがこれは天寿であって、
私は四季を全うしたんだってちょっと諦めにも似た考えは
現代じゃ自殺するときのいい辞世の句になりそうじゃないか。
最近じゃ「くっそー、オマエ絶対化けて出てやるからなコノヤロー!!」
くらいのがいいんじゃないか。

明日おっ死ぬかもしれんから今日振り絞れという
解釈に繋がりゃいいけどね。

松蔭、貴様若いな。
まぁ、頑張ろうとは思ったねー。

| | コメント (0)

卒業 ~graduation~

平成21年度3月を持ちまして、私Atsuki、卒業しました。

黄砂の影 エアクリーナ 吸い込まれる砂(涙)
幻とリアルなエンジン 感じていた
債務があり 銀行のいつもの引き落とし
何で金利 払うべきか考えていた
ざわめくミラノ 今俺にアルファを
意味なくターボええって ほんまド素人

ほぉぉ~マジ舵 ふらつき 俺たちは風の中
孤独 瞳に浮かべ サスを注文した
笑い声とため息の飽和した店で
修理代のハイスコア 競い合った
退屈なところ ディーラーはねぇ アレーゼ
なんでもイタリア語で しゃべり続けた Ah Ah

行儀よくオートマなんて できやしなかった
夜の高速 窓ガラス壊れてるねっか!(スキマ風)
払い続け 洗い続けた 早く自由になりたかった
信じられぬ国産との争いのなかで
飛ばしあい いったい 何分かり合えただろう
エンストしながら それでも直した
ひとつだけ わかっていたこと
このローンからの♪卒業♪(笑)

今日、卒業証書が届いてました。

20100403003514

ローンってなんか「首根っこつかまれてる感」が
好きじゃねんだよなぁ。
だからちょっと頑張りめに組んだんだけど。
これからちょっち楽になるなぁ。修理が(笑)。

オイッGTV!!しばらくこの債務無し期間を楽しむ猶予を
俺にくれよな!!壊れんなよ!!(笑)

| | コメント (0)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »