« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月

食らえっ!!タイロッド・ボールジョイントプラー!!

Puller

うぉっしゃーー!!手に入れたぜ!!

タイロッド・ボールジョイントプラー!!

欲しかったんですよタイロッド・ボールジョイントプラー。
とゆーかタイロッド・ボールジョイントプラーってやっぱりたまに必要じゃないですか。
「あぁこんな時にタイロッド・ボールジョイントプラーさえあれば・・」って思うこと、
意外に多いですよね。いわばスナップリング・プライヤーみたいなもんでね。
やっぱり手元にタイロッド・ボールジョイント・プラーがあると安心感が違いますね。
明日からさっそくこのタイロッド・ボールジョイントプラーに役立ってもらいますよ。

え・・使い道??

そこはホラ。ボクはあまり人に無理強いしたくないほうだから。
人それぞれですよ。フッ。

| | コメント (0)

レッツ強盗

まさか?警察署に包丁男「金を出せ」すぐ捕まる

7月12日18時31分配信

12日午後0時40分頃、宮城県気仙沼市南郷の気仙沼署に
包丁(刃渡り約16センチ)を持った男が押し入り、
1階の交通安全協会受付カウンターにいた女性職員(37)を
「金を出せ。殺すぞ」などと脅した。

当時、1階フロアには5、6人の署員がおり、
備えてあった「刺すまた」や防護用盾で男を取り押さえた。
発表によると、男は同市波路上明戸、無職畠山一博容疑者(22)で、
同署は強盗未遂と銃刀法違反の疑いで現行犯逮捕した。
畠山容疑者は「金がほしかった。警察署に行けば、金があると思った」と
供述しているという。
同署幹部は「まさか警察署に強盗が入るとは……」と驚いている。

・・・久々にごっつ明るいニュースじゃないか!!
別の報道によると「食用油」と「ライター」も保持していたらしい。
サラダ油の発火点は200℃とかなんですけど

ここに氏のチャレンジングなコント魂に敬意を表するとともに
サラダ油の使用前に取り押さえてボケ潰しをしてしまった
KYな警察官に抗議するものである!!

てか誰だよ構成作家!!
撒いた油に自分がヌルヌルあらぁ~って転ぶ筋書きだったんだろうけど・・・。
それに相談してくれたら用意したのに・・・。

Tarai

・・ボクは割と文化祭には力の入るほうです。
悔やまれる・・・プロデュースしたかった・・・。

| | コメント (0)

Yシャツの白は心の白であります

あっちぇぇねぇ。
汗だくでございますよ。まったくもって。

Yシャツのエリが汚れるもんだから色々試すんだけど。

Precare

こういうヤツをね。色々試すわけですが・・・。
ぜんぜん落ちてねぇってぇぇのゴルァ!!
ソフトすぎるぜ!!なににビビってんすか!!

やっぱコレだべ!!漢ならっ!!ハイターッ!!
Highter

基本的に、ハイターとかカビキラーとかのホロコースト系劇物が好きです。
スカッとALL OR NOTHINGな感じが実にロックンロールな気がする。

基本的にハイターのような人間でありたいと思うね。

| | コメント (0)

車庫入れエレジィ

うちの駐車場って、なんか狭いんですよ。
大家が強欲なのか一般貸しもしててピッチピチなのよ。幅も前後も。
きっちり並ぶと隣の車と40センチくらいしか
余裕がなくなっちゃう。

左どなりの車がキズだらけの戦場の狼みたいなマーチ
なんで恐れて右よりに駐車してたら右の
モビリオスパイクのヤングパパにコスられたくらいにして。
でドアも当てられた跡が両側についちゃってるわけよ。
どっか他の駐車場で当てられたのかもしれないけど。
俺は他の車にコスッたこともドア当てたことも一度もないわけ。
言っとくけどね、子供のころから一度も当てたことがないぞ。
死角にも入ってない静止物に当てる理由が全くわからんのよ。
「子供が当てちゃった」ってのは納得できんタチなのよ。
子供が当てたら持ち主が帰ってくるまでそこで待って1万払うね、俺なら。
でまた「世の中バカばっかりだな」とヒネちゃうわけですよ。

で、さらに小回りの全くきかない我が愛車の駐車風景は
目の前こんな感じ。↓
Shako

・・・左セレナで右ステップワゴンですよ。パパ!!長いよ!!(笑)
そしてまん前が軽トラってのが笑える感じなんだけど。
角度が取れないんで車庫入れ、正直かなり高度なのですよ。
ハンドル切って前・横3センチくらいまで寄せながら入れても
絶対に1回じゃ入らないのよ。多分国産コンパクトなら1発だけど。
しかもこのお二方、必ず俺より帰りが早い!!絶対停まってる!!
景気が上向いてだな、この真ん中の軽トラの人が
調子こいてエルグランドを買ったとしたら・・・
もー地獄絵図なわけ。

ま・・何乗ってもいいすけど。

俺の車には当てないで・・・。

| | コメント (0)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »