« 2010年9月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年10月

上司イズフリーダム

出張のホテルへあと15分の地点。車中にて。

上司:「ぐぉぉ~・・(寝てる)」
上司:「ぐぉ・・・オイ、明日何時にする?」
俺:「えっ!?あ・・1件目まで30分くらいなので・・」
上司:「じゃぁ・・8時20分だな(集合時間)。」
俺:「ハイ。じゃ8時20分で!」

15分後、ホテル到着。チェックイン。
エレベーターにて。

上司:「1件目まで20分ってったっけ。じゃ明日8時40分な。」
俺:「え!?・・あれっいや30分位は余裕を・・」
上司:「あそーか。じゃ8時30分な。おつかれぃ!!」

そして明日は万が一に備え8時20分に車に行く俺なのであった・・・。
どうも世の中トップ営業マンてのはこういう感じらしんです。ハイ・・。

もーいいんです・・慣れましたから・・・(涙)

明日も頑張ります。おやすみなさい・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

APECとスルベスター・シタローンと私

新潟市は16、17日とAPEC食料安全保障担当相会合など
開かれるということで、若干ではありますが警察が多く出ています。
ま乗り入れ自粛と渋滞にハマるのがイヤで万代島には近寄っていないので
さほど影響は受けていないけど検問で1台1台止めているとのこと。

さて・・そんな今週末はどこへ行こうか・・・。
「エクスペンダブルズ」を見に行く予定なんだが・・
たまには映画館のデカいスクリーンでど派手な映画を見たいってもんよ。
なんか冗談でスルベスター・シタローンとか
ユウ・チョンファとかラルフ・ドングレンとか言ってたら
しまいにはどっちが正しいのかわかんなくなっちゃったりしてるわけですよ。
まぁ要は楽しみにしているわけだけども。
ただ明るい昼間っから見たんじゃもやしっ子になっちまう。
その前にどこかアカデミックなところに行きたいなと。

ということで色々検索してみて明日行きたいなと思ったのが
みなとぴあ(新潟市歴史博物館)・・
大河津分水資料館の大ファンでございます故、こうゆうの好きなんです。

あれっ朱鷺メッセとは海を挟んでお向かいじゃないか・・・(汗)
ゴルゴ13だったら余裕の距離ではあるけども・・・
決して狙ったわけじゃないんだけど・・・。

「エクスペンダブルズ」見た後に行ったら何か豪気なことをしてしまいそーだな。
ま見る前に行くからいいけども。
しょーがない。明日はマシンガンと覚せい剤は持たずに行こう(笑)。

※世の中色んな人がいるので一応言っときますが冗談です。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

重っ

Lighter

様々な子供の事故を経て
CR(チャイルド・レジスタンス)対応のライターが流通し始めましたな。

うおっ。お・・・重い・・・。マジ重いぞこりゃ。
「着火ボタンが重くしております」って文法が妙だな・・。
もし「重過ぎるぞ!!」って言われたら
「いえ着火ボタンがやったことですから」って
言えるなコレなら。(メーカーHPでは「着火ボタンを」に修正済み)

重税に重ライターか・・。なんてこったい・・。

ちなみに道に落ちてる100円ライターをコンクリートに
叩きつけると「パーン!!」と破裂して楽しいというのは
子供たちには絶対にナイショにしておくように。

| | コメント (0)

ダムのアレ

お休みは、直前に必死こいて決めた、
奥只見湖に行ってきましたよ♪

なにやら行った後に人に話すと、
「ずぅ~っとトンネルのとこでしょ?」
「あんなとこ何にもありゃしねぇ」と中々の評価(汗)

いや、でも楽しかったです。
だってダムのアレがあったんだぜ!!

Dam
↑ダムのアレ。

スロープカーの中で、思わず大っきな声で言っちゃったよ。
「あっ・・ダムのアレだっ!!」って(マジ)。
いやーこんなところでダムのアレが見れるとは思わなんだ。

Damslopecar
↑スロープカーとダムのアレ。
ちなみにメカニカルエクスタシーに身を焦がしダムのアレを激写している俺は
スロープカーの中の人に奇異の目で見られています。

いや冗談はさておき・・・
ここに来たら食堂で食事をされることをお勧めします。
イワナ定食やらけんちんうどんやら・・・めちゃくちゃウマいです!!
そこらの料理屋で食うよりウマくてびっくりしましたですよ!!
こんな山奥なのにさすがにチョイ寄り観光地としてはかなりの完成度です。

当日は天気が悪くガスってましたがそれはそれで中々の景色でしたよ。
気温も結構低くて紅葉は今月末くらいから見ごろらしいです。
ちなみにダムのアレはいつでも見ごろです。

Okutadami

※正しくは「縦軸フランシス水車」らしいです・・・。

| | コメント (0)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年12月 »