« ポロ納車、インプレッション | トップページ | トニー・スコットが死んでもた »

初トラブル「ターボホース抜け」

先日高速を走っておりまして。
サービスエリアに入るために5速低回転からブースト掛けたら

シュッパーーーン!!!

派手な音と共にターボホースが抜けちゃいました(笑)
インタークーラーより手前だと派手な音がするらしい。

まぁ抜けても1800ccのNAになっただけなので
シュコォォォーッとタービン空回りしつつ普通に走ります。
タービンを回さないように気を付けてもお盆前の関越道であれば
追い越し車線を100km/hで塞いでる人ばかりなので楽勝です(笑)。
パイピングをまだ把握してないので車屋に駆け込んで応急処置。
この程度では修理代なんて取ってくれない人なので1000円無理やり握らせて、

「作業手順を見ちゃったってことは次抜けたら
自分でやらなきゃいけないってことですよねぇアハハ」

・・失言ッ!!(笑)

帰り道でもう抜けちゃったよ!!
抜けグセがついちゃったみたいで何度入れても
ちょっとブースト掛けると抜けちゃいます(涙)

↓今回抜けた部分を入れたり補強を施すには下から潜れば済む場所ですが
車屋さんはインナーフェンダーを外してくれました。
polo GTIの右フェンダー奥、インタークーラー周りはこんな感じです。
Trouble2_2
↓で、今回のトラブルはこんな感じ。
Trouble1_2

ターボホースは振動で一緒に揺れるような構造になってるんですね。
とりあえずタイラップを駆使して同じような揺れ方になるように修繕。
でも・・帰り道でまた抜けちゃったよう(涙)
帰ってから自分で潜って(インナーフェンダーもタイヤも外してません)はめて
反則と分かってるけどタイラップを組み合わせて固定してみましたけど
ダメですね。少しは持ちましたが今日また外れました・・・。

「カチッ」とはまる仕組みになってるんですけどね。なんでかな。
とりあえず金属製のホースクランプを今日買ってきたので
あした潜って装着してみます。
一応高温になる箇所で普通のテーピングはできないので
自己融着のシリコンテープでグルグル巻きにした上で
クランプかませようと思ってますけどね。
インナーフェンダー外せば楽に作業できるけど、
大量のネジ&知恵の輪的な戻し。やりたくねぇ~!!
なんとか、潜ってガチッと留めてやろうじゃないの。

せっかくアルファロメオからVWに換えたのに
あんまり故障のことは書きたくないんだが(笑)

まぁオーナー様はご参考まで。

|

« ポロ納車、インプレッション | トップページ | トニー・スコットが死んでもた »

車とドライブの奮闘記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1123458/46693210

この記事へのトラックバック一覧です: 初トラブル「ターボホース抜け」:

« ポロ納車、インプレッション | トップページ | トニー・スコットが死んでもた »